りんごの木について
子どもの心により添う保育
子どもに関わるトータルな仕事をする場

1982年、設立。
「子どもとつくる生活文化研究会(寺内定夫 発起人)」のメンバーだった3人の元保育者により、子どもに関わるトータルな仕事をする場として発足。 「保育」(柴田愛子)「造形教室」(市川雅美)「あそびの時間」(中川ひろたか)をスタートさせました。
現在、三個所の教室にスタッフが19人、 それぞれの得意分野と夢を分け合って、次の三つの分野で活動中です。
りんごの木子どもクラブ
〜子どもの心により添う保育
「子どもの心により添う保育」をモットーに、 2歳半から就学前の子どもが通う"ちいさな幼稚園"。午後には小学生も加わって、造形・音楽・クッキング・あそびなどの各教室がにぎわっています。
ワークショッブりんごの木
〜保育者向けセミナー、講師派遣
保育者や親向けに、講演・講師活動を行っています。また毎年夏には、「りんごの木夏季セミナー」(保育者向け)を開催しています。  小学館・学研・ひかりのくに・チャイルド社・世界文化社などの保育雑誌、育児雑誌に寄稿。単行本もスタッフ共同執筆で上梓しています。 「みんなにこにこ運動会」(フレーベル館)「りんごの木 のびのび保育ブック」(すずき出版)「毛糸であそぼう」(チャイルド本社)など。
りんごの木出版部
〜子どもに関わる人への情報発信
保育者や子育て中のお母さん向け書籍、保育現場向けCDを発行しています。
そして、子どもに関わる人々との新しい形のコミュニケーションの方向を探るため、WEB上のホームページづくりにも取り組んでいます。
りんごの木webマガジン http://www.lares.dti.ne.jp/~ringo